カテゴリー
フォーラム ワークショップ

SEA Forum Hokkaido in December 2020

[AI・データサイエンス人材の育成と連携]
──────────────────────────
SEA Forum Hokkaido in December 2020

AI・データサイエンス人材の育成と連携

主催:
北海道大学 数理・データサイエンス 教育研究センター ,
ソフトウェア技術者協会 (SEA)  北海道支部

参加者募集
────────────────────────── 
今回は”AI・データサイエンス人材の育成”について考えます.

北海道大学 数理・データサイエンス 教育研究センターとの
共同開催で運営します.

第1部は,数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシ
アムの「北海道・東北ブロックワークショップ」と合同開催
となっています.北海道・東北地域における数理・データサ
イエンス教育に関する先端的な取り組みを共有し,本分野に
参加するための企業の人材育成を考えます.

この中で,北海道・東北地域における,研究や教育・人材育
成に関する産官学連携による社会適用事例を紹介いただき,
”連携”の活用についても考えたいと思います.

第2部では,北海道のAI・データサイエンス人材育成の
取り組みを共有し,継続的に成長する機会にしたいと思い
ます.

多くの皆さまのご参加をお待ち申しあげております.
─────────── 開 催 要 領 ──────────

日時・タイムスケジュール

2020 年12 月4 日(金曜日) 13:30~18:00
13:00 開場
13:00~13:30 受付
13:30~16:30 第1部
16:30~17:00 (休憩)
17:00~18:00 第2部

◇第1 部 大学における数理・データサイエンス教育の企
業連携推進の方策
・オープニング:大本 亨
 北海道大学 数理・データサイエンス教育研究センター /
 大学院理学研究院 副センター長/教授
・文部科学省 様より
「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度について」
 木谷 慎一
 文部科学省 高等教育局 専門教育課 課長補佐
・社会適用事例などの話題提供
 (1):リテラシーレベルのモデルカリキュラム紹介
  孝忠 大輔
  日本電気株式会社 AI・アナリティクス事業部 AI人材育成センター
  センター長
 (2):北海道大学における産学連携による教育・人材育成の取組
  湧田 雄基
  北海道大学 数理・データサイエンス・教育研究センター
  特任准教授
 (3):地方大学におけるデータサイエンス教育研究と産官学連携
  榮坂 俊雄
  北見工業大学 副学長/教授
 (4):DSスタディセッション 実施報告 -社会人と学生の共同勉強会-
  脇 克志
  山形大学 データサイエンス教育研究推進センター / 理学部
  センター長 / 教授
 (5):AI・データサイエンス教育における産学連携の取組み
  中尾 光之
  東北大学 大学院情報科学研究科 副理事/教授
・パネルディスカッション
 テーマ「大学におけるデータサイエンス教育の企業連携推進について」
 ファシリテーター:北海道大学 大本 亨

◇第2 部 北海道のAI・データサイエンス教育の共有
・札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム事務局 蓑島智大様
・参加者と意見交換 

オンライン開催
申し込みされた方々に開催日の前日までにZoomの
アドレスをお伝えします。

参加費
無料

お申し込み方法
下記のお申込票に必要事項をご記入の上,下記のアド
レス宛てに電子メールでお申し込みください.
折り返し受け付け確認のメールをお送りいたします.

お申し込みメールアドレス: forum@sea.jp

その他
受付,開催時間中のご連絡は,070-6429-0240 まで
お願いいたします.

───────────────────────────

◆SEA Forum Hokkaido in December 2020参加申込票◆

氏名:                               (ふりがな:                         )
メールアドレス:

参加セッション (いずれかにチェック,記入)
□第 1 部,第 2 部の両方に参加
□第 1 部のみ参加
□第 2 部のみ参加

種別 (いずれかにチェック,記入)
□SEA 会員 (No: )
□SEA 賛助会員 (会社名: )
□その他一般

カテゴリー
お知らせ

SEA北海道支部です

SEA Homepage へようこそ。

SEA北海道はソフトウェア技術者協会(SEA)の北海道支部活動です。春と冬にフォーラムを開催しています。
北海道のソフトウェアに関わる方々とSEAとの知の交流を目的に活動をしてます。 Will to knowledge!

2020年秋の支笏湖です。”GOTO”で少し賑わっていました。